やさしい医療を守るために

患者と医療スタッフの橋渡し

病院の医療現場で働くスタッフとなる場合にはチーム医療という体制が重要になります。医師、薬剤師、看護師という医療の中心となる職種の人が、それぞれの専門の仕事に特化して責任をもって仕事をすることによってよりよい医療を提供していくことができるからです。医師は病気の診断と治療の実施を、薬剤師は調剤業務と服薬指導を、看護師は身辺の援助をするというそれぞれの役割を担っています。チーム医療体制が整っていなければ、患者に一番適した医療を提供することはできません。

患者側の視点から最も重要になり不可欠とも言えることが多いのが看護師の役割だといえます。最も身近にいる存在として唯一本音で話をしてくれる相手となることも珍しくありません。そういった関係を作り出せる医療スタッフとして看護師は常に安心を与えられる存在であるということが求められます。それによって樹立された信頼関係が患者の医療に対する意識と高めることや指導内容についての理解を深めることにつながり、ひいては治療の成功へと結びついていくことになるのです。どうしても医師や薬剤師は指導をする立場となってしまうため、距離が離れてしまいがちになります。優秀な人だとわかるから指導内容について安心をすることができても、それは表面上のものであって心の底からのものではありません。それを心の底からのものにできる唯一の医療スタッフが看護師であり、チーム医療においては他のどんな仕事よりも優先して考えなければならないことなのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です