やさしい医療を守るために

患者に与える安心とは

医療現場では、怪我をしている患者もいれば、病気の患者もいます。それぞれ誰しもが不安な思いを抱えて病院に来ているはずです。中には「たいしたことないだろう」と思って病院を訪れたら、「即入院と言われた」という方もいると思います。こういった時、患者さんはとても大きな不安に支配されてしまうもの。「これから、どうなるんだろう?」「いつ帰れるのだろうか?」といった不安に包まれることになります。そんな時、医療従事者のやさしい対応でこの不安を取り除くことが出来れば、誰もが安心して治療に専念することができるでしょう。
では患者に与える安心感を与えるために大切なこととは一体なんでしょう?まず、患者はそれぞれ「自分は、今どういった状態なのだろうか?」と不安になるもの。そのため、それぞれの状況を正確に伝えていくことが大切。もちろん、状況や場合によっては本人に伏せるケースもあると思いますが、不安が取り除けるように説明をしていくことが必要となります。そして、これからどういった治療をしていくのかも伝えるのも重要です。患者さんにとっては、「これから、何をするの?」と思うだけでも不安になるもの。手術が必要なのか、どういった薬投与で治療をするのかなど、しっかりと伝えていきましょう。薬治療の際には、副作用なども事前にしっかりと説明しておかなければなりません。中にはインターネットなどで色々調べている方もいます。こういった情報から余計に不安を大きくしてしまっている方もいますから、正しい情報を伝えるようにしましょう。このように患者さんに安心を与えるためには、何よりも正しい情報を伝えることが一番のポイントです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です