やさしい医療を守るために

快適な医療環境をつくるために

患者に安心感を与えることがどれほどに大事なことかは、医療従事者であれば、痛切に理解しているはずです。病は気からといわれるほどに、心のバランスをとることは完治を早めることに繋がります。治療の中で何よりもまずは、心を落ち着かせることに重点を置くことが求められているのです。そんな中において、医師と看護師が一体となって患者のケアにあたることが求められます。むろん、医師の指示のもとにさまざまな医療行為が行われるわけですが、ときには医師の目が届かないこともあるのも事実です。その際には、看護師や介護士などが連携をして、患者のケアにあたり、安心感を与えることが重要なのです。ただ、実際に忙しい現場ではほとんど患者とコミュニケーションが取れないのが実情です。患者との触れ合いを大切にしたいのであればアットホームな個人クリニックといった、対話を大切にできる看護師の求人を探した方がいいでしょう。

昨今においては高齢化社会の進行に伴い、医師や看護師、介護士などの医療従事者の不足が浮き彫りになってきており、今までのような医療体制を維持していくことも困難になりつつあります。この由々しき状況については、国家レベルでの対応が必要とまでいわれており、厚生労働省や関連省庁においては、喫緊性のある課題として対策を講じている現状があります。むろん、各医療機関においても、ただ指をくわえて待っているわけではありません。地元の学校の就職課はもとより、都道府県をまたいだ求人活動に東奔西走しているといいます。現代の若者は、仕事を選ぶ際に、給与の多さよりも、休日の多さなどを重要視する傾向にあるといわれています。そういった背景を考えると、もっと医療現場を働きやすい環境に整えることが求められます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です